世界の未確認生物 UMA 映像集

2007年アリゾナにて

2007年アリゾナにて撮影された映像で、稲妻が落ちる前に、何かが猛スピードで飛来する映像を、スローモーションで紹介しています。

 

 

2003年11月に放送された日本テレビの特命リサーチ200Xでは、モーションブラー現象説を説いており、2006年4月の放送では大学の監修の元、ハエをハイスピードカメラと家庭用ビデオカメラで撮影して比較した。その結果、コマ数の多いハイスピードカメラではハエがはっきりと写るのに対し、コマ数の少ない家庭用カメラ(30コマ/秒)ではハエがスカイフィッシュの様に写るということを確認。この検証によりスカイフィッシュがモーションブラー現象によるものと証明したとされている。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』